2024年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事

カテゴリ

2019年

2020年

2021年

2022年

2023年

2024年

検索フォーム

ホドホド日記【ポケモンカード自主大会】大会レポート/ルギアVSTAR~クリムゾンヘイズ環境

2024年03月25日(Mon) 14:05 【ポケモンカード】デッキ紹介
ガラル!!ホドホドです。
3月24日にポケモンカードの自主大会(72名規模)に参加してきましたので、その大会レポートになります。
『クリムゾンヘイズ』が発売されてからどのくらい環境に変化があったのかも含めて書いていこうと思います。

まずはいつもの自己紹介から。 
 

自己紹介


<ハンドルネーム>:ホドホド
<身長、体重>:エンペルト(痩せなければ)
<好きな食べ物>:カレー、ラーメン、コアラのマーチ。
<職業>:カードショップの店長。
<主な経歴>:
2016ポケモンカード公認ジャッジ取得。
2017CL千葉1日目35位、2日目10位。
2018CL東京72位、CL新潟35位。
2019CL東京36位。
2021CL横浜114位。
2022JCS67位。
2023CL横浜DAY2進出、CL京都DAY2進出、CL愛知DAY2進出、CL宮城DAY2

その他ジャッジ活動や自主大会などを開催しているポケモンカード大好きマンです。

 

大会使用デッキ




引用元:ポケモンカードトレーナーズウェズサイト(https://www.pokemon-card.com/

 

【デッキ選択の理由】



「ルギアVSTAR」のデッキは元々CL福岡で優勝しているので、そのパワーは折り紙付きです。
一つは環境に特性とおせんぼのカビゴンをメインとしたカビゴンコントロールのデッキが増えてきています。
それに対して「ルギアVSTAR」のデッキはほとんどのポケモンがアタッカーとして使用できたり、ジェットエネルギーのおかげでベンチポケモンと入れ替えやすいため有利がつきます。

二つめはアクセルピークの「ミライドン」で主に「テツノカイナex」にエネルギー加速をしていくようないわゆるカウンターカイナと呼ばれるデッキに対して不利ではあったんですが、
基本的には環境トップのリザードンになかなか勝ちづらいのと周りも戦い方をわかってきてカウンターカイナの数が減少すると予想したことです。

あとは試験的に新弾である『クリムゾンヘイズ』のカードである「ガチグマアカツキex」と「サバイブギプス」の使用感を試したかったのがあります。
ガチグマアカツキex」はたねポケモンでは破格のHPの高さと相手のたねexポケモンを倒せる240という打点の高さが非常に使いやすいです。
エネルギー管理の難しい「ルギアVSTAR」デッキにおいて、終盤に0~3エネルギーくらいで技が打てるのも魅力的です。
また「サバイブギプス」は序盤に「ルギアV」に貼ることで安全に技かぜよみを使用したり、ミストエネルギーを貼った「チラチーノ」に貼ってロストスイーパーなどを使用されなければロストデッキに対して
ヤミラミのロストマインでも倒されず、技のダメージも1回は耐える強力なカードです。
この2枚のカードが収録されたことにより、環境的に強いのはもちろんのこと「ルギアVSTAR」デッキ自体がさらに評価が上がった印象です。
 

対戦レポート

 

【予選】



1回戦 「リザードンex/ビーダル」 後攻/負け
アーケオスが2体たつのが後攻3ターン目と少し遅れましたが、中盤まではシーソーゲームを続けていました。
相手のトラッシュにボスの指令が3枚とカウンターキャッチャーが1枚見えていたため、もう1枚あるであろうカウンターキャッチャーを打たれないようにサイドレースを進めましたが4枚目のボスの指令がとんできて負け。
デッキの固定観念が負けに直結したので、相手のプレイングはもちろんですがデッキ構築もさすがでした。

2回戦 「ロストかがやくリザードン」 後攻/勝ち
ロスト軸のウッウヤミラミかがやくリザードンで攻撃してくるデッキでした。
中盤にミストエネルギーサバイブギプスを貼ったチラチーノが2回以上攻撃することができ、サイドレースに負けずに勝つことができました。

3回戦 「イダイナキバLO」 後攻/勝ち
ルギアVSTARイダイナキバから1回の攻撃で倒れることがないのとブーストエネジー古代が付いていてもHPが200のため一撃で倒していけます。
ヒーローマント貼られたとき用にチラチーノを準備しつつ、技あまいわなのクチートに逃げられなくさせられても大丈夫なようにジェットエネルギーを温存しながら戦って勝ちました。

4回戦 「ロストギラティナ」 先攻/勝ち
相手の方がアクロマの実験を引けずに止まっている間にサイドを順調に取れたため勝ち。
初手にジニアハイパーボールもあったので強かったです。

5回戦 「ルギアVSTAR」 後攻/勝ち
相手の方のエーススペックがマスターボールなのに対して、こちらは「サバイブギネオラントプス」だったためその差で勝ちました。
280ダメージを出せるチラチーノが2回動けるのが強かったです。また、Vがベンチにいる状態で崩れたスタジアムを先出ししておいてネジキチラーミィになる動きも強かったです。


予選4勝1敗、オポネント12位で決勝トーナメント進出!!


 

【本戦】



1回戦 「ルギアVSTAR」 先攻/勝ち
こちらが先攻で2ターン目にアッセンブルスターでアーケオス2体置くことができ、相手は後攻3ターン目にアッセンブルスターになったのが勝敗を分けました。
サバイブギプスはお互いに採用していましたが、どちらも引けませんでした。

2回戦 「ロストギラティナ」 先攻/負け
この日の優勝者との対戦。エネルギー17枚の構築にも関わらず手札にエネルギーが1枚もなく、ルギアVのかぜよみも打てず、ドローサポートもなく、ネオラントVもサイド落ちのため何もできずに無理やりアーケオス1体のみのアッセンブルスターを使うことに。1体のアーケオスが生命線になるためにサバイブギプスを貼って番を返す。
その返しのターンにロストスィーパーでサバイブギプスをロスト送りにされ、プライムキャッチャーアーケオスを呼ばれて、ギラティナVの引き裂くで倒されました。
そのままドローサポートに触れられずに負け。

ベスト8

ちなみにその大会のTOP4はというと、
優勝:ロストギラティナ
準優勝:アルセウス/アローラロコン/ピジョット
3位:ロストガチグマアカツキ
4位:リザードン/ビーダル

という結果でした。
 

◆まとめ


最後は何もできずにベスト8で終わったもののポテンシャル自体は感じました。
ガチグマアカツキexのおかげで雷タイプの弱点をつかれるポケモンに対してもある程度は戦えるようにもなったと思います。
また3月30日からシティリーグS4も始まりますし、4月のCL愛知、5月のCL札幌もあるため楽しみが盛り沢山ですね。

今後もポケカ楽しんでいきましょう。

それではまた。ガラル!!

◆何かお探しの商品がございましたら


トレマ(トレカショップVOW)からお買い求めください。
https://www.tcgmp.jp/shop/CNA201829/

お近くの方は実店舗でもお待ちしております☺
【X(旧Twitterアカウント】https://twitter.com/shop_VOW
 

◆関連記事